2015年12月25日 (金)

【雑誌掲載】 サラサーテ2015年12月号

67_250
早いもので、年の瀬もいよいよ押し迫ってきました。
サラサーテも、ついに最新号の記事紹介です。

テーマは「マンションにつくるヴィオラの練習室」

群馬交響楽団から東京フィルへ移籍することになったオーナー様、
お部屋探しと共に、防音対策も緊急の課題となりました。
そんな中、お知り合いのピアノ教室(弊社施工)を見て、
そこで体験した響きが工事をする決め手になったそうです。


_201512_
マンションで防音室をつくる場合、往々にして天井高が低くなってしまいます。
組立式防音室では、天井高が2mを切ってしまうこともあります。

弊社では、遮音のための空気層を確保しつつ、できるだけ広くて高い防音室を
作ることが可能ですので、こちらのお部屋でも天井高を2.35mを確保できました。
弦楽器奏者が立って弾いても、弓の先が天井に当たらない高さです。


_201512__2
造り付けの大きな姿見も活用、練習に大いに役立てているそうです。

もともと室外機が置けない間取りでしたが、工夫を施すことによって、
ベランダまで配管を伸ばす工事も行いました。

近隣からは「本当に楽器を弾いているのですか?」と尋ねられるほど遮音性能は万全。

奥様もヴィオラ奏者とのことで、
「音漏れ対策も万全なので24時間弾くことができるのが嬉しいですね。
妻とお互い交代しながら毎日遅い時間帯まで快適に弾いています」

と気兼ねなく演奏できる喜びを語ってくださいました。


_201512__3
また、音楽室づくりを機に購入したステレオ装置も大活躍。

「勉強のために購入したオーディオですが、
この部屋では細かいところまでクリアに聴こえます。
音楽を聴くことも楽しむようになりました」

さまざまな音色づくりへ向けて強力なパートナーを得たオーナー様。
今後ますますご活躍されることを願っています。

詳細にご興味のある方は、ぜひサラサーテ最新号をご参照ください。


◆関連リンク
サラサーテ2015年12月号 公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

【雑誌掲載】 サラサーテ2015年10月号

66_250
今回のお部屋は、戸建住宅購入を機にリフォームした、
題して「ステージのように床が鳴るコントラバスの部屋」

オーナー様はコントラバス奏者であり、弊社のことは
以前からサラサーテの記事を読んでご存知だったそうです。


_201510_
以前はマンションに住んでいたオーナー様が引っ越した先は、
住宅密集地に建つ3階建ての住宅。
三方が隣家に囲まれており、最も近いところでは40cmしか
離れていないという、音楽を演奏するにはとても不利な状況でした。

そこで、最も隣地と近接している側の窓は壁で塞ぎ、
もう一方の引違い窓は内側に二重ガラスを入れることで、
遮音上不利である開口部の遮音強化を行いました。

その結果、外部に対してD'-55等級(ほとんど聞こえない程度)の
性能を得ることができました!


_201510__2
もともと引違い窓だったものを半分は壁に、
もう半分はFIX窓(はめ殺しの窓)にリフォームしました。


_201510__3
「思いきり弾いても全くと言っていいほど、外に漏れません!
友人のコントラバス奏者に頼んで部屋で弾いてもらったのですが、
家の中でも、上階では音楽室からの音はほぼ聞こえてきませんでした」

と満足を実感されているオーナー様。

また、何より驚いたのは、部屋に豊かな響きがあること。

「部屋が出来上がって弾いた時、まるでコンサートホールの
ステージのように、床が鳴ることに驚いたんです。
『足にズンズンくる』というのは低音弦楽器奏者への褒め言葉の
ひとつなのですが、まさにそれがこの部屋で実現していますね」

これは、二重構造化した重い床・壁・天井が低音の音漏れを防ぎ、
音の反射をクリアにしているからこそ実現できた空間といえます。

「もちろん部屋全体の響きも豊かなので、無理せずに楽器が鳴りますね。
小さな音を美しく演奏する練習にも良いですし、思いきり速く弾いても音が混濁しません。
自然に響くので、力の入れ過ぎで音を割ってしまうことがなくなりました」

部屋の響きも良く、外からの雑音も入らないので、
「宅録」も検討しているオーナー様。
さっそくマイクなどの機材も揃え始めているとのことです。

これから更に新たな音楽生活が広がるといいですね!

 

詳細にご興味のある方は、ぜひバックナンバーをご参照ください。

 

◆関連リンク
サラサーテ2015年10月号 公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

【雑誌掲載】 サラサーテ2015年8月号

65_250
今回のサラサーテは、
「小空間ながらもアンサンブルのできる音楽室」を紹介しています。

アンサンブルやオーケストラで活躍しているヴィオリストのオーナー様。
マンションの一室(6帖)をリフォームし、ご自身の練習室をつくりました。


_20158_
音響的視点から、もともと部屋の形が良くなかったので、
壁2面を斜めにすることで調整しました。
このように天井高・間口・奥行の寸法比率を検討することが音楽室づくりの第一歩です。


_20158__2
無垢材と漆喰を取り入れることによって見た目も柔らかく、落ち着いた雰囲気に。
これら天然の素材によって楽器本来の響きを活かせるよう、
内装の計画を行っています。


_20158__3
オーナー様は1,000枚を超えるCD・楽譜をお持ちですが、造り付けの楽譜棚で収納もラクラク!
これらの家具は響きを吸収するため、あえて建築的な吸音材は使っていません。


_20158__4
お仕事柄、バロックヴィオラも演奏されるオーナー様、
「とにかく本当によく響きます。なおかつ音程やニュアンスも、
はっきりと聴き取ることができるんです。演奏しやすいですね」

と語ってくださいました。

「古楽器にとってもこのような空間は必要だと思います。こんなに良い音楽室が
できたのだから、さらに練習してもっと上手くならないといけませんね」

とにこやかに今後の抱負も教えてくださいました。


こちらのお部屋は当社サイトの事例として別途掲載されております。
そちらも併せてご覧ください!


◆関連リンク
サラサーテ2015年8月号 公式ページ
「マンションにつくる小空間ながらもアンサンブルのできる部屋」(事例紹介)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

【雑誌掲載】 サラサーテ2015年4月号

63_250
今回のテーマは「響きをとらえながら自分らしい音を作る音楽室」

ご主人はピアニストとして演奏活動を行いながら音大で教壇に立っており、
奥様はヴァイオリニストとして演奏・指導活動に取り組んでいるオーナーご夫妻。


_20154
お二人は以前、防音室が設けられたマンションに住んでいたそうですが、
「ピアノ・ヴァイオリン両方の防音室をつくるには部屋数のある一戸建てでなければ難しい」
と考え、戸建住宅をリフォームして装いを一新!

道路に面している部屋に奥様のヴァイオリン室を、
奥の部屋をご主人のピアノ室として作りました。


_20154_2 _20154_3
ピアノ室(10帖)は床をステップダウンさせ、元の天井高よりも高い、2.65mを確保。
ヴァイオリン室(6帖)には、姿勢を確認しながらレッスンが出来るように、
大きな鏡を設置しました。

フローリングにはメープル(カエデ)の無垢材を使用。
それぞれの部屋の雰囲気を変えるために、漆喰の色を変えています。


_20154_4 _20154_5
どちらの部屋にもあった大きな窓は、
遮音性能の良い新しいものへ入れ替えました。


_20154_6
お引渡し後に、ご夫妻から
「豊かな響きがあるのに、音の粒はひとつひとつクリアに聴こえます。
防音室にありがちな圧迫感も全くなく、とても演奏しやすいです」

とコメントをいただきました。

記事の詳細は、サラサーテバックナンバーをぜひご参照ください!


◆関連リンク
サラサーテ2015年4月号 公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

【雑誌掲載】 サラサーテ2015年2月号

Sarasateme_62cover_300
サラサーテとは、ショパン同様長く愛されている弦楽器専門誌です。
今回のテーマは「ヨーロッパの空間の音作り~音を作る仕事という共通点~」

魅力的な音作りについて、イタリア・クレモナで活躍する著名な弦楽器製作家の
松下敏幸氏にお話を伺いました。


2_
以下、松下氏のお話を抜粋し、掲載します。

「私はクレモナを拠点に楽器の製作を行っています。ご存知のとおり、
クレモナはヴァイオリンをはじめとする弦楽器の銘器が生まれた場所です。
これは私の仮説ですが、楽器の生まれる条件として、クレモナは宗教的にも
重要な地であったことが大きな要因だったのではないかと考えています。
信者が増えると共に教会建築も巨大化し、その中で人間の声では表せない
神的なものを表現したいという欲求が生じました。
これが楽器を生み出すきっかけとなりました。
作曲家がイメージした音や音域をもつ楽器を、職人が創意工夫して作り上げる。
つまり"楽器ありき"ではなく、最初から楽器のプロポーションが考えられていた
ということです。

私は楽器作りをする際に、楽器の中にホールをつくるイメージを持っています。
楽器作りには職人の技だけではなく、こうしたイメージを持つことが大切と
考えています。
音楽室づくりにおいても、音のイメージを大切にして、楽器の生まれた環境・
空間の再現を追求することはとても重要なことなのではないでしょうか。

その他、楽器作りの上での素材の大切さなど、音楽室づくりとも結びつくお話を
松下氏は語って下さいました。

私たちも、楽器製作者のように気持ちを込めて一つ一つの音楽室をつくり上げることを
目標に日々取り組んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

サラサーテ取材_根津邸音楽室

64_250
サラサーテ2015年6月号は市川市の根津様宅を特集。


先日、こちらでオープンピアノ室を開催し、雑誌取材で行ってきました。
※オープンピアノ室の様子はこちらをクリック

1
 
2
 
NHK交響楽団で長く活躍された根津さんの音楽室で、まずはレッスンの見学をさせて頂きました。

「空間に広がる音に意識を向け、楽器と喧嘩せず、音を響かせる」という指導で、生徒さんの音が変わっていく様子を目の当たりにしました。
 
01
 
細かなパッセージの弾き方や、弓の使い方、空間の響きかせ方まで、指導の内容は多岐に渡ります。 生徒さんもこのような空間で演奏する機会はあまりないとのことで、ここでのレッスンは貴重な体験とのことでした。
 
その後のインタビューでも貴重なお話しを頂きました。

 
03
 
「響きのない部屋でいくら言葉で『響きをつくり、それを聴くようにしなさい』と繰り返しても、実際の響きの中に身を置かないと理解しにくい。たとえ一瞬そのような響きが出せたとしても、手ごたえとして残らない。この音楽室で弾いて響きの感覚を心の中に植え付けることによって、他の場所に行ってもその響きの再現ができるようになる。」
 
練習環境、レッスン環境の大切さを話して下さいました。  
もっと早くこの部屋に出会っていれば自分もまた変わっていたでしょうね、と語る根津さん。
  
多くの演奏家達がこの音楽室から育っていくことを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)