« 音楽室の窓について・・・・・6 | トップページ | 間接照明の効用・・・・・2 »

2013年7月23日 (火)

間接照明の効用・・・・・1

防音工事とは直接関係ありませんが、インテリアデザインの手法についてご紹介します。
  
間接照明は、天井に反射させた光が部屋全体に拡がって、
普通の照明とは違ったフワッとやわらかい明かりが得られます。
照明器具も見えず、洗練された印象になるためちょっとした高級感も演出できます。
 
一般的には、壁の上部などに棚のようなものを造り込み、
そこに蛍光灯を仕込むというのが多いですが、このようなタイプは
「間接照明のためのデザイン」という感じになりがちです。
あたかも間接照明を付けることが目的であるかのように。
 
当社では、もうひとひねり、ふたひねり加えた提案をすることが多いです。
 
よく、マンションの個室ふた部屋をつなげて、ひとつの大きなピアノ室にすることがあります。
このとき、ふた部屋の間に梁が通っていた場合、ひと部屋にしたときに
天井の中央に梁型が出っ張り、とても不格好になってしまいます。
 
そこで間接照明の出番です。
 
梁型の両サイドに間接照明を造り込むことで
梁型の存在感を希薄にすることができます。
 
さらに、間接照明の下部にスリットを設けて、間接光だけでなく、
スリットからの直接光を得ることで、より高い照度を確保しています。
 
T_tei_3
   
K_tei
 
W_tei

|

« 音楽室の窓について・・・・・6 | トップページ | 間接照明の効用・・・・・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間接照明の効用・・・・・1:

« 音楽室の窓について・・・・・6 | トップページ | 間接照明の効用・・・・・2 »