« 月刊『ショパン』4月号に掲載されました | トップページ | 必要にして十分な大きさの窓 »

2013年4月26日 (金)

音楽室の窓について・・・・・1

音楽室の窓は『音楽的窓?』であるべきだ。

防音室は密室ではない。明るく気持ちの良いへやであるべきである。
防音工事によって天井が低く暗い部屋になってしまうということでは決してない。
確かに、戸建て住宅の防音室の防音性能の大半は窓の性能によってしまう。
 
たとえ2重、3重の窓であっても、壁の遮音性能を上回ることはまずないからである。
 防音室の窓を現場状況に合わせてどのように設計するのかは、音響設計者の
デザイン力、腕の見せ所である。

Photo_2

新緑が芽吹き始めた晴れた日に、完成ご5か月の増築『離れ音楽室』を訪問。
窓からのみどりがとても気持ちが良い。
この窓の性能、窓先1m地点で D’-'55 夜間演奏でも全く問題ないとのこと・・・・。

|

« 月刊『ショパン』4月号に掲載されました | トップページ | 必要にして十分な大きさの窓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽室の窓について・・・・・1:

« 月刊『ショパン』4月号に掲載されました | トップページ | 必要にして十分な大きさの窓 »