« M音楽室訪問1 | トップページ | M音楽室訪問3 »

2013年3月 4日 (月)

M音楽室訪問2

Mさんの音楽室にはもうひとつ窓がある。作りつけ小テーブルの上にある小さな窓だ。一応風通しという機能のためなのだが、やはりあるとなしではそのコーナーの空間感が大きく違う。やはり防音室といえども適切な大きさの窓があったほうがいい・・・・・・と思うのは小生のみではないだろう・・・・というわけで、小空間ながら気持ちの良いインテリア空間であるということに越したことはない・・・・・以上のことはともかくとして響きのほうはどうであったか?

Image1_2


写真の見た目のような感じの響きだった・・・といってもなかなかわかりませんよね。

チェロやフルートのようなアコースティック楽器にとってとても良い響きで狙い通りであった・・・・というのは、設計者の思い込みだが、同席した音楽評論家と音楽誌編集長も同様の感想をもらしていた。

実は内装表面材には吸音性のものは一切使っていない。棚類の収納物で十分のようだ(・・・・吸われ過ぎ?)。ご本人のコメントがそろそろ発売のサラサーテ51号にあるのでご参照ください。

|

« M音楽室訪問1 | トップページ | M音楽室訪問3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M音楽室訪問2:

« M音楽室訪問1 | トップページ | M音楽室訪問3 »