« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月26日 (木)

大分 I邸ピアノ室 防音工事

  ピアノ   練習室   マンションリフォーム   7.5帖

戸襖を開けると、そこは・・・・・・

九州_ピアノ_防音_マンション

もう一枚ガラス戸があって、中は防音室!

九州_ピアノ_防音_マンション

大分県で、マンションのピアノ室の防音工事を行いました。
 
LDKと続きの和室を防音室にしたのですが、今回は、あえて戸襖を残す設計です。
(主に意匠的な理由からです。防音効果も、中~高音域では+αあると思いますが。)
全国対応で営業しておりますので、遠方の方も一度ご相談下さい。



投稿 米島|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

和歌山県Y邸ドラム室 増築&防音工事

 
  ドラム   趣味   増築   4.5帖

今月の上旬に完成しました戸建住宅のドラム練習室です。
築半年の戸建て木造住宅で1階のリビングと棟続きで ドラム室を増築しました。


01_2

内装はオーナーさまの演奏されるブルースやロックの雰囲気に合わせて
焦げ茶系の床や防音ドアに濃いめのグリーンのパネルをアクセントにしています。

今回、計画しましたドラム室は実質4.5帖の広さになります!

少しでも開放感や一体感を得られるように防音ドアの隣には
リビングに対して覗き窓を設けています。

リビング側への遮音性能は防音ドアで決まってきますので、
その同等の性能となるように計画しています。

このように防音室でも窓を設けることは可能なのです。

04


また、今回は分譲地保有数、和歌山県下No.1の株式会社 幸福ホームさま
ご協力頂き、工事前から十分にお打合わせを行い、工事区分を明確にして
様々な面の合理的で無駄のない施工の結果、 ローコストで高い遮音性能の
良い防音室を造ることが可能となりました。

当社でいう『コラボレーション防音工事』の例になります。

株式会社 幸福ホームさま、そのスタッフのご理解あるご協力に心から感謝しております。

お客さまと住宅会社さんと当社の3者の信頼に基づくスムースなコミュニケーションが成立しますと、
今回のように夢の防音室が実現可能となります。


Photo

また当社は、防音工事を行う前にオーナーさまに遮音性能を保証させていただいております。
オーナーさまと約束した保証値は、外壁前1m地点においてD'-65になります。
この性能は、ドラムやエレキベースなどの低音が小さく聴こえる程度です。

お引き渡しの際にはオーナーさまと私の好みからBilly JoelのThe Strangerを
大音量で聞いて 外への性能についても確認していただきました。

保証以上の遮音性能が確認でき、屋外では壁に近付いて耳をつければ
バスドラなどの低音がモコモコとなっている ことが確認できる程度で
オーナーさまからご満足の声をいただけました。

その晩にはオーナーさまのバンドのギタリストさんも来られて遅くまで
セッションされていたようです。

さっそく楽しんでいただいているようで担当者としましても本当に造って良かった!
と心から嬉しく思います。

02_2

ドラムをレイアウトされた写真はオーナーさま送って頂いております。
本当にありがとうございました。

これからもドラム室を存分に楽しんでくださいね。



投稿 宮田|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

ご覧頂きたい、弊社ショールーム『現場』

私、石田は事務方なので、「現場」を見るのは実はショールームが初めてです。
初めて見るからこそ思います、「現場をお客様にも見て頂きたい!」、と。

 文字通りマンパワーだけで作られているんです!
(ボードを持ち上げる為の什器とか使っていないんですよ?!)
 
1月7日がコレ!
004_2
 
1月10日にはコレ!!
001_2
 
フワフワした断熱材がぎっしり敷き詰められていたのが、もう見えなくなり、なんとなく部屋の形が想像できる状態です。
(ここで一旦工事中断したので、現在は上記写真の状態です)
 
お客様の中には時間を見つけては現場に来られる方もいらっしゃいます。
よ~~~~~~っく分かります。
私も毎日ショールームに入っては、日々変わる現場を見て、手際の良さに感動して、
出来上がりを想像して楽しくてたまりません!
 
今しか見られない、でも是非、ご覧頂きたい!
職人さんの素晴らしい技術に支えられた弊社の防音室ができる途中を。
  
手前の話で恐縮ですが、ショールーム現場を見て、何よりも現場の職人さんを
誇らしく思い、自慢したくてなりません。
 
工事途中を見て何が変わるか??
きっと、見ないで完成部屋を得るより、ず~~っと強い愛着が沸きます。
それは、楽器や機材に持っている愛着と同じ位に部屋に愛着を持っていただけます。
※実際のご自宅の施工現場は危険が伴いますので、設計サイドにご相談下さい。
(関西ショールームは現在、ボードを切って粉だらけ、汚れてもよい服装が望ましいです)
 
そんな弊社のショールーム、明日、2月13日(金)~ラストスパートの工事に着手です。
 
投稿 いしだ|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

確定申告

確定申告のシーズンがやって参りました。
 

ご職業によっては(職業音楽家の方)確定申告の際に、防音室の工事も経費と認められるケースも あるようなので、一度、最寄税務署にご相談してみてはいかがでしょうか?
 
その際、領収書が必要ですので、当社で施工され領収書発行ご希望の方は、
担当者 or いしだ  06-7492-9233
 
までご連絡下さい。
 
投稿 いしだ|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »