« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月27日 (火)

人事異動 前田

Maeda_2
関西営業所の主力 前田 。
 
実は、その力量が買われ、弊社悲願の地、「名古屋営業所」の開設を担い、異動となりました。
  
担当が前田だった関西のお客様にはご納得の人選かと思います。
  
技術力、提案力、人柄、向学心…将来、経営陣に食い込める人材の一人です。
関西にとっては痛手!!大損害!!大打撃!!
しかし、会社にとっては今後の発展…と涙を飲んで送り出しました。
 
Miyata
前田が去り、関西は思いました。
「名古屋営業所には絶対負けられない」と(いろんな意味で)
 
とりあえず、関西は前田の抜けた穴のテコ入れとして宮田を代表鈴木&岩元の監督の下、提案力強化を決定。
 
宮田の人柄、お客様に100%以上の物を提供しようとする姿勢に加え、言葉に厚みを持たせることができれば、お客様もきっと宮田(弊社防音室)のファンになってくれること間違いナシ!
 
宮田並びにアコースティックグループ 関西営業所の今後にご期待下さい。
 
投稿 いしだ|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

大阪府枚方市 N邸スタジオ防音工事

  DAW&電子ドラム  趣味  新築戸建

こちらは2013年の秋頃に完成した大阪府枚方市内のプライベートスタジオになります。


オーナーさまは学生時代にロックバンドを活動し、数多くの楽曲をレコーディングされていました。
当時の楽曲のレコーディングや未完成の楽曲を完成させたいという思いから
プライベートスタジオの防音工事の計画は始まりました。

 
Dscn1811

Dscn2000

スタジオの内装は黒と白を基調にモノトーンな仕上がりとなっています。


Dscn1981_2

壁の一面には、残響可変パネルを設置しています。
こちらは、演奏時やレコーディングなどの環境に合わせて部屋の響きを簡単に調整できます。


Dscn1841

また電源についてもノイズカットトランスを介したタジオ専用電源を設けています。
右からPC用100V、デジタル機器用100V、ノイズカットトランスを介した100V、117、200V
となっており、コンセントの色で仕様が分かるようにしています。



・・・私はプランナーであると同時に少々ですがギターを嗜んでおります。
気付けばオーナーさまと機材のお話などで盛り上がってしまいましたので
ここでオーナーさまのこだわりの機材についてご紹介させて頂きます。

Photo_2

<機材レイアウト図>

  1_Electric Drums: 2BOX Drumit Five
    →私も叩かせて頂きましたが、色んな箇所にセンサーがついていて面白いです。

  2_Mixer/ Multi-Effects/ HDD Recorder/ CD Player: YAMAHA AW2816
    → AW2816は、モーターフェーダー採用なことと、DAW環境を導入したときに
        フィジカルコン トローラーとしても使用可能であることです。
      今回のスタジオ計画の際に吟味して購入されたようです。

  3_Monitor Speaker: YAMAHA MSP5 STUDIO
    →スタンドにもこだわられていてULTIMATEのMS-100Bを使用され、
      支柱内にはジルコンサンドが詰められています。

  4_Synthesizer: KORG MS-20 mini
    →アナログシンセサイザー 名機MS-20をミニサイズで復刻されたものですね。

  5_Guitar Amplifier(下段): FENDER SV-20CE
 
  6_Guitar Amplifier(上段): YAMAHA THR10   
      →最近、ご購入されたようです。

  7_Microphone: RODE NT1-A
      → レコーディング定番のマイクですね。
       すごくクリアなサウンドで歌録りやアコギ用に使用されています。

  8_Acourstic Guitar: MARTIN 000-1

  9_Electric Guitar: FENDER TELECASTER HIGHWAY ONE

10_Electric Guitar: GIBSON LES PAUL CLASSIC PLUS

11_Electric Bass: HOFNER 500/1 vintage '64
     →ヴァイオリンベースです。
       すごく軽くてスリムネックでとても弾きやすいです。
       アンプを通さなくてもボディで鳴る生音がすごく深いです。


その他にもレコーディング用ヘッドフォンは定番のSONY MDR-CD900ST、
ギターアンプの集音にはSHURE SM57を使用されています。
また、dbxのトランジスタマイクプリ/プロセッサー、286A
ギターの足元にはマルチエフェクターのBOSS GT-6、
ベースプリアンプ/DIとしてTECH21のVT BASS DIなどを使用されております。

Photo_4

Photo_5

これからもご自身の楽曲を追及されて機材もどんどん増えていくのでしょうね。
すごく楽しみです。  

また、最近はレコードプレーヤー ION audio MAX-LPを購入されたようで、

デジタルとは異なった、奥行きのあるアナログ音源にはまっているとのことです。
本当にプライベートスタジオを楽しんで頂いているようで心より嬉しく思います。

Dsc_0400

オーナーさまのブログでもスタジオの様子を拝見できますので
ここでご紹介させて頂きます。
そして最後にオーナーさまから

「6畳の空間で決して広くはありませんが、防音と室内音響性能はさすがで、
 夜中でも周囲を気にすることなく作業が可能で、長時間聴いていても疲れにくいです。」

と、スタジオについて感想を頂きました。


レコーディングは長時間を要することが多いですが、このような感想を頂けて本当に光栄です。
また楽曲のレコーディングが完成されましたら是非、お聴かせください。


Nさん、ほんとうにありがとうございました。




投稿 宮田|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

名古屋営業所開設のお知らせ

 
平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
さて、この度、かねてより皆様のご要望にお応えすべく計画しておりました名古屋営業所を
下記住所に開設し、平成27年1月13日より業務を開始する運びとなりました。
 
名古屋営業所開設により、弊社を検討にあげて頂いたものの営業所がないことにより躊躇さ
せてしまいました中部地区の皆様にも、今後検討されるお客様にも、関東圏・関西圏同様、ご満足
頂けるサービス・技術をタイムラグなくご提供できるものと確信しております。
 
まずは略儀ながら、ご挨拶申し上げます。
 
平成27年1月13日
 
記  
  
株式会社アコースティックデザインシステム 名古屋営業所
〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1丁目11-7-206
TEL 052-684-4624
FAX 052-684-4625
※電話・FAXは1月13日午後開設予定です
 
名古屋営業所
プランナー 前田 善昭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

年賀

新年あけましておめでとうございます。
 
昨年前半は増税駆け込み需要があり、後半はいかほどか?と懸念されましたが、
お蔭さまで後半も順調に業務を邁進することができました。
皆様のご支援・ご協力の賜物と、心より感謝申し上げます。
 
さて、関西営業所は昨年、開設当初から営業をしていた堺筋本町の事務所から、
更なる事業展開を見越し、新大阪へ事務所を移転致しました。
こちらには、以前からブログに掲載しております通り、ショールームを併設(現在工事中)しております。
  
伴い、新スタッフ渡邉を迎え入れ、更なるピアノ室・弦楽器・管楽器分野のテコ入れを行いました。
 
また、現在常時3社の協力施工会社様・1人親方に加え、新たに1社にご協力頂ける運びとなり、今まで
施工時期の面でご不便をおかけしていた点を解消しつつあります。
 
創業当初からの企業理念「For Your Better Music Life」を形にし、皆様の音楽生活に
寄り添う空間づくりに一層努力・邁進してゆきますので、本年もよろしくご支援くださいますよう
お願い申し上げます。

株式会社アコースティック・エンジニアリング
株式会社アコースティックデザインシステム 
関西営業所

| | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »