« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月27日 (金)

大阪市西区 MAスタジオ

 MAスタジオ  業務用  既築テナントリフォーム

大阪市西区 MAスタジオ 防音工事

関西_MAスタジオ 関西_MAスタジオ
 
   

 
 
 
 
 
 
設計 米島 / 施工 宮田
 
MAディレクターのKさん、今回、独立を機にスタジオを計画されました。
 
モニターテーブル・機材ラックも当社の施工です。
お客様の作業方法に合い、また弊社多数の施工実績から考案された音響的にも
良く、使い勝手も良いものをご提案しております。
 
投稿 いしだ。@大阪|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

ショパン10月号 掲載

月刊ショパンに掲載されている「素敵なピアノ部屋」Chopin13101
 
今回のショパン10月号は初の「関西編」として
 
『目邸ピアノ防音室』
 
が掲載されました。

 
Chopin13102
こちらのピアノ防音室はブログでも公開中です。
是非、雑誌と併せてご覧ください。
 
弊社には目さんのように、海外留学していた時と同じ響きを求めて
防音工事をご依頼頂くケースも多いです。
 

投稿 いしだ。@大阪|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

大阪市阿倍野区 F邸ピアノ防音室

 ピアノ・フルート・声楽  練習室  既築マンションリフォーム  5帖 → 4.5帖

大阪府大阪市阿倍野区 F邸ピアノ防音室 防音工事

関西_ピアノ_防音_マンション設計・施工担当 前田
 
ご息女はフルート
ご子息はピアノ
ご両親は声楽
 
と、音楽一家のF様
 
偶然にも弊社の多数の施工物件で調律をされている調律師さんのご縁で今回契約頂きました。
 
お引渡後、ご子息からは
「ホールで弾いて自分の手元から聴こえる音」
 
ご息女からは
「引越前だけれども、フルートはここで吹く!」
 
と仰って頂ける程、お気に召して頂けたようです。

投稿 いしだ。@大阪|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

第7回オープンスタジオ@沖縄県宜野湾市

第7回 沖縄県宜野湾市 9月28日(土)
 
開催決定。    詳細はコチラドラム室ブログにて公開中。
 
沖縄で防音工事考えている方、ちょっと興味ある...という方 是非、ご参加下さい。
予約TEL:03-3239-2181 (担当:すずき)
 
投稿 いしだ。@大阪|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 
06-7492-9233 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

神戸市 I邸ギター&DAW防音スタジオ

神戸市 I邸ギター&DAW 防音スタジオ

 ギター・DAW  趣味  既築マンションリフォーム  7.8帖 → 6.3帖   費用 約270万円(家具除く)

関西_マンション_ギター_防音

趣味でギター・DTMをされているIさん。
 
自宅マンションの洋室を演奏・製作部屋にされていましたが、より気兼ねなく、音作りにこだわることができる空間をと...同室に本格的な防音室を計画されました。
 
小スペースながらも多くの機能を盛り込んだパーソナル・スタジオです。
 








 
夜間でも使用できる高い遮音性能。
スタジオに直接面している隣戸と直下のお部屋で、ともにD-75の高い性能を確保しています。


 
  ■Iさん
「普段はギターの演奏がほとんどで、いつも結構な音量を出していますね。
控えめに・・・と意識はしながらも気が付くと(笑) 帰宅後、夜に弾くことがほとんどで、
深夜3~4時をまわることもよくありますが、近隣からのクレームなどは防音工事後
一度も無い
ですね。

モニター環境としても、この部屋のサイズでもすっきりとした音が鳴り、響きもバランス
が良く快適な空間です。」 
 

02_ist_2  コンソールテーブルは、打合せを重ねて高さ・位置を
検討。作業性の良い、またお部屋の雰囲気に合ったもの
を製作しました。

 天板中央には開口があり、可動アームによってディスプレイが斜めに設置ができます。 

 
 これはモニター音への影響を、ディスプレイを低い位置にセットすることでなるべく回避するつくりです。

03_ist        04_ist
 
クローゼットだった部分には造り付けの棚を新設。
上には書籍などが、下にはアンプ類がすっぽり収納できます。
また機材は収納した状態のままでも使用ができる配線経路を確保しています。

投稿 いしだ。@大阪|アコースティックエンジニアリング 関西営業所 06-7492-9233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »