« 第4回OPEN-STUDIO いわき市ロックスタジオ ご来場ありがとうございました。その2 | トップページ | 8月17日(土)明石市 OPEN STUDIO のお知らせ »

2013年7月22日 (月)

第4回OPEN-STUDIO いわき市ロックスタジオ ご来場ありがとうございました。その3

Studio Rockはフルバンドでの演奏にも耐えうる防音性能がポイントですが、それ以上に響きの良さも大きな特徴といえます。

今回はオーナーの娘さんの女子高生バンドに演奏してもらいました。   

女子高生バンドの音を聞かれたサックスのお客様は、開口一番、それぞれの楽器の音がよくわかり、聞いていても疲れないと言って驚いておりました。
このスタジオの音の特性を正確にとらえており、我々としてはしてやったり。
その後、女子高生バンドのメンバーのお父さん達も、実は同じバンドメンバーであったため、お越しいただいたサックスのお客様も交えて即興演奏を披露。

  
普段はロックを演奏するお父さんバンドですが、この日はテナーサックスを迎えて、本格的なジャズのフレージングにチャレンジ!
・・・・・みなさん少し固まってしまいましたね^^;
 
お客様のテナーサックスは50年代のヴィンテージ物で、うっとりするような立ち枯れたサウンドが印象的でした。(お客様は黒い音、と表現しておりました)
ソロで吹いても聞き惚れる音でした。
お父さんバンドの方々も聞き惚れていますね!
   

後日、しきりに関心していたサックスのお客様からコメントをいただきたいと思ってます。

続く。

|

« 第4回OPEN-STUDIO いわき市ロックスタジオ ご来場ありがとうございました。その2 | トップページ | 8月17日(土)明石市 OPEN STUDIO のお知らせ »

コメント

先日は貴重な機会をいただき、ありがとうございました!

それでは、御礼方々感想をのべさせてもらいます。

はじめに、女子高校生バンドの演奏を拝見したことについて。レベルの高さに感心しつつも、楽器や人でいっぱいの空間なのに、それぞれの楽器の音はもちろん、ボーカルがきちんと聴け、一つのちゃんとした演奏に聴こえることに驚きました。でも、本当に大きな音だったので、外部にはそれなりに響くのかなと思いましたが、これは余計な心配で言われないと気づかないくらい音が響いていません。一番響くという防音室の2階真上は確かに音と振動がけっこうありましたが、部屋を出るとやはり気にならないレベル。
客間なので普段は人がいないというオーナーさんのお話を聞いて、なるほどそれならいいのではと思いました。

次に、実際に演奏してみてですが、これが一番うれしい体験でした。はじめはさぐりさぐり吹いていたせいか、なんだか音がこもるなあという感じでした。それが、部屋で吹くことに慣れてくると俄然よくなってきて心地よくなってきました。吹いていると音の響きというか返しが普通の部屋で吹いているのとほとんど変わらないのです。いやむしろ、よりよく聴けるといえるかもしれません。なぜなら、実際吹いてみて、いつもより自分がどう吹いているかがよくわかり、細かい演奏のニュアンスが表現できたからです。この空間でずっと吹いていたいと心から思いました。来年の完成が楽しみです!

ということで、長くなりましたが、オーナーのK田さん、お友達の方々、演奏楽しかったです。奥様、おいしいお茶をごちそうさまでした。そしてアコースティックデザインシステムのお二方にはいろいろ詳しいお話を聞かせていただき、本当にお世話になりました。これからどうぞよろしくお願いいたします。


投稿: 福島のサックス吹きです | 2013年7月23日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849931/52560271

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回OPEN-STUDIO いわき市ロックスタジオ ご来場ありがとうございました。その3:

« 第4回OPEN-STUDIO いわき市ロックスタジオ ご来場ありがとうございました。その2 | トップページ | 8月17日(土)明石市 OPEN STUDIO のお知らせ »