« 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート① | トップページ | 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート③ »

2013年5月 1日 (水)

4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート②

保田さんはドラムの音色に強いこだわりがあるようで、結果的にスネアドラムだけでも10台以上あって、ご覧のようなシンバルも含めた収納棚を作ったほどである。
このように保田スタジオ建設プロジェクトは、防音設計・防音工事がメインテーマですが、その他あらゆる面での設計内容の作り込みがなされました。
次回には、様々な設計ポイントのいくつかをご紹介することになります・・・・・・・。

1
  
当日は5台のセットを正味16.5畳のスタジオを配置していた。
自他共に認めるアマチュアドラマーであり、当社ドラムスタジオ設計主任を自任する中島は仕事とはいえ、久しぶりのドラミングにご満悦のようす・・・・・・。

1_2


中島の保田氏へのお礼メールより

今回、保田様邸のオープンスタジオでは、
程よくチューニングされた5台のドラムセットを叩き比べすることが出来ました。ビンテージものや、カバリングを特注したもの、通常楽器店では試奏できないものばかりで、ドラムスタジオをメインに担当している私にとって、とても貴重な体験が出来ました。
特にビンテージのキットは、奥行きと深みがありとてもナチュラルな音でした。
 
 
 
保田氏からの返信メール
 
今日は私に出来ることと言いますか、普段やっていることを好き勝手にしただけでしたが、お役に立てて何よりです。

また、私も個人的には中島さんの音をセット別に聴き比べられたことが興味深かったですし、「こういうチューニングをしてこういう叩き方をするとこんな音になるんだ」という感覚を得られたのが大きかったです。とても私には出せない音がしていましたから。
それに、普段からどちらかと言うとテクニカルなことより音色やタイミングやダイナミクスに興味があるので、チューニングは好きですし、その辺りを感じて頂けたのは嬉しい限りです。
今度はぜひ棚に収まっていた他のスネアの音も叩き比べに来て下さい。

中島さんとのドラム話も楽しかったですし、またお会いできるのを楽しみにしております。

P1010191 P1010188P1010185 P1010187_2P1010186 P1010189























 

 

 

保田氏の色の好みはブルーとホワイトの組み合わせ。

スタジオ建物外観正面に白地系の外壁にブルーのポイント。

内装も内装もブルーとホワイトでコーディネート。

吸音パネルやポイントどころはブルーが主体、この統一感は独特の個性を醸し出していていい雰囲気。ドラムのシェルはほとんどブルー。

|

« 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート① | トップページ | 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849931/51451485

この記事へのトラックバック一覧です: 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート②:

« 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート① | トップページ | 4月28日 神奈川県大和市第2回OPEN-STUDIO イベントレポート③ »