« 想定よりも高い遮音性能が得られるのはどうして? | トップページ | ドラム・スタジオにおける設計作法の要点とは・・・・・・? »

2013年3月25日 (月)

マンションでのドラム・ルーム、バンド・リハーサルは可能なの?

鉄筋コンクリート(RC)造のマンションといえども、ドラム・ルームを成立させることは基本的には難しいと言えます。
RC造のマンションに完全浮構造による防音工事を行った場合、上下階隣戸に対して、D-65等級の防音性能を保証しております。
これは音の大きさが90~100dBのピアノ向け標準遮音仕様です。
しかしバンド・リハーサルともなると、110~120dBという大きさになり、隣戸(りんこ)ではしっかりとリズムがわかるよな状況が予想されます。
それに対して、木造戸建住宅のドラム室標準遮音仕様では、外部空間に対してD'-65等級の
防音性能を保証しております。
これはドラムを叩いた場合でも、低音のリズムがわかる程度で、隣の住宅内部では気にならない程度になると考えられます。
なお、同等の防音性能でありながら、聴感に差が出てくるのは、外部と内部では暗騒音(その場所に定常的に存在する騒音)の差があるためです。

|

« 想定よりも高い遮音性能が得られるのはどうして? | トップページ | ドラム・スタジオにおける設計作法の要点とは・・・・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849931/50945915

この記事へのトラックバック一覧です: マンションでのドラム・ルーム、バンド・リハーサルは可能なの?:

« 想定よりも高い遮音性能が得られるのはどうして? | トップページ | ドラム・スタジオにおける設計作法の要点とは・・・・・・? »