« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

第11回 Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました!

今回は前回に続き、アナログレコードによる視聴イベントとなりました。
暑い中、2日間に渡っての開催でしたが、お越しいただいた皆様、有難う御座います。

ナビゲーターは輸入クラシックレコード専門店のベーレンプラッテ金子氏による解説で、テーマは「コンサートホールとオーケストラの響きの関係について」でした。

また、今回は協同電子エンジニアリング 様のご協力により、フェーズメーションの機材を設置してのイベントでした。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

Dsc06045

さて、当日の内容について。

金子氏によると、ホールの音響特性がそのオーケストラの個性を決定づける大きな要因である、ということです。

その好例として、あるとき、ウィーンのムジークフェライン・ザールの演奏で、昼間にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏し、夜にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏するという、滅多にない組み合わせでのチケットを手に入れたそうです。

この日は人生で最高の日になるに違いないと、意気揚々と会場に向かわれた金子氏でしたが、ウィーンフィルは予想どおりの素晴らしい演奏だったのに対し、ベルリンフィルは非常に音が大きく、とても聴けたものではない内容だったといいます。

その後、今度はなんとベルリンフィルハーモニーホールにて、昼間にベルリンフィルが演奏し、夜にウィーンフィルが演奏するというチケットを入手、今度もまた胸を躍らせて向うも、ベルリンフィルは素晴らしい演奏だったのに対し、ウィーンフィルは音量が小さく、なんとも残念な内容だったそうです。

はたして、この違いはいったい何なのか?

シューボックス型のコンサートホールであるムジークフェライン・ザールは、豊かな響きで知られるホールです。
ここを拠点とするウィーンフィルの演奏は、その豊かな響きに適応するため、各パートは抑え目に演奏することで音量をおさえ、それによってホールの響きに合わせています。

対してワインヤード型のホールであるベルリンフィルハーモニーは、客席数や座席の形状も影響してか、ムジークフェラインに比べて響きは短めです。
そのためここを拠点とするベルリンフィルの演奏は、十分な音圧を稼ぐためにダイナミックな演奏スタイルとなり、これもまたそのホールの響きに合わせています。

両社の演奏スタイルは、そのホールの響きの違いによるところが大きく、そのためそれぞれの拠点で演奏をすると、上記のようなことが起こったのだといいます。

当社のお客様の中でも、当社ショールームのピアノを弾いたとき、すぐにその響きに適応して演奏スタイルを変化させる方と、そうでない方がいらっしゃいますが、これも部屋の音響特性の影響を表す一例です。

Dsc06043

金子氏は在学中に建築音響を専攻されておりましたので、今回のテーマは金子氏ならではの非常に面白いテーマだったと思います。

次回以降も面白い企画を予定しますので、今後もご期待ください。
担当:草階拓也

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

第11回 Acoustic Audio Forum告知続報その3

協同電子エンジニアリング様より、フェーズメーションの機材が届きました!

Img_3543 Img_3544_2
モノラルパワーアンプMA-1000          フォノアンプEA-1000

音出しはこれからですが、とても楽しみですね!

オーディオフォーラムは徐々に予約が入り始めております。
参加ご希望の方は下記までご連絡ください。

日時:7月25日(金) 19:00~21:00、26日(土)14:00~16:00
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

第11回 Acoustic Audio Forum告知続報その2

次回のオーディオフォーラムはアナログレコードによる視聴会ですが、視聴予定のプログラムを一部ご紹介します。

・ホルスト/「惑星」(カラヤン指揮/ベルリンフィルとウィーンフィル)
・ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」 (カラヤン指揮/ベルリンフィル 2種の録音)
・ビゼー/交響曲第1番 (ハイティンク指揮/アムステルダム・コンセルトヘボウ)
・モーツァルト/交響曲第38番「プラハ」(クリップス指揮/アムステルダム・コンセルトヘボウ)
・ニューイヤーコンサート 1980 (マゼール指揮/ウィーンフィルハーモニー)

・その他

002
004

輸入クラシックレコード専門店のベーレンプラッテ金子氏による解説でお届けする本企画。
是非お楽しみに!

日時:7月25日(金) 19:00~21:00、26日(土)14:00~16:00

参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

第11回 Acoustic Audio Forum告知続報

次回のオーディオフォーラムでは、協同電子エンジニアリング様のご協力により、フェーズメーションの機器をお借りすることになりました。

■フォノアンプ EA-1000
■プリアンプ CA-3Ⅱ
■モノラルパワーアンプ MA-1000
Ma1000

■MCカートリッジ P-1G
http://www.phasemation.jp/html_japan/productspage_p-1G.html
P1g_p_02

協同電子エンジニアリング様は、第6回のオーディオフォーラムの際にも機材を提供してくださった経緯があり、今回もアナログレコードによる視聴会ということで、再びご協力いただける運びとなりました。
http://acoustic-group.cocolog-nifty.com/audio/2014/03/post-661f.html


今回も非常に充実した内容となりますので、是非ご参加ください!
日時:7月25日(金) 19:00~21:00、26日(土)14:00~16:00

参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

第11回 Acoustic Audio Forumのお知らせ

第11回のオーディオフォーラムは、前回に引き続き、アナログレコードによる会となります。

Audio_2

今回のテーマは「オーケストラとコンサートホールの響きについて」です。
ナビゲーターに、輸入クラシックLP専門店のベーレンプラッテ金子氏をお招きし、解説していただきます。

★次回予告★
日時:7月25日(金) 19:00~21:00、26日(土)14:00~16:00

以下、金子氏からのコメントを掲載致します。
______________________________________

同じ指揮者、同じ曲でもオーケストラが違うと、聴こえてくる音楽がけっこう違ってくる・・・
という体験をされたことはありませんか?

これを、よく「オーケストラの個性」が違うからだと言いますが、それはどこから生まれてくるのでしょうか?

ちょっと考えてみると、オーケストラを育んだ土地柄、歴史、その他いろいろと思い浮かんできますが、そのうちかなり多くのパーセンテージを占めるのが、ホームグラウンドであるホールの建築的要素、特に音響特性が思いつきます。

そこで今回は、世界各地の名門オーケストラの数多い名盤の中から、本拠地であるコンサートホールの音響的なキャラクターが色濃く収録された録音をいくつか選んで、皆さんと共に聴きながら、ホールとオーケストラの関係について私が実際に体験したことなどをふまえてお話ししたいと思います。

______________________________________
部屋の音響特性が、オーディオの再生環境として最重要であると我々は考えておりますが、それは音楽が生み出される場所、つまり録音現場においても同じことが言えます。

オーケストラの響きとホールの響きには関連性があり、その音が、その時代で一流の人たちによって記録され、後世の我々が堪能できる・・・
何とも奥深く、魅力的なテーマですね。
【常設機器】
・RecordPlayer  YAMAHA GT-2000
・PhonoAmp Phasemation EA-200
・Pre Amp Accuphase C-2420
・Power Amp Accphase P-4200
・SP B&W 805 Diamond
参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »