« 第10回 Acoustic Audio Forum ご来場有難う御座いました! | トップページ | 第11回 Acoustic Audio Forum告知続報 »

2014年7月 4日 (金)

第11回 Acoustic Audio Forumのお知らせ

第11回のオーディオフォーラムは、前回に引き続き、アナログレコードによる会となります。

Audio_2

今回のテーマは「オーケストラとコンサートホールの響きについて」です。
ナビゲーターに、輸入クラシックLP専門店のベーレンプラッテ金子氏をお招きし、解説していただきます。

★次回予告★
日時:7月25日(金) 19:00~21:00、26日(土)14:00~16:00

以下、金子氏からのコメントを掲載致します。
______________________________________

同じ指揮者、同じ曲でもオーケストラが違うと、聴こえてくる音楽がけっこう違ってくる・・・
という体験をされたことはありませんか?

これを、よく「オーケストラの個性」が違うからだと言いますが、それはどこから生まれてくるのでしょうか?

ちょっと考えてみると、オーケストラを育んだ土地柄、歴史、その他いろいろと思い浮かんできますが、そのうちかなり多くのパーセンテージを占めるのが、ホームグラウンドであるホールの建築的要素、特に音響特性が思いつきます。

そこで今回は、世界各地の名門オーケストラの数多い名盤の中から、本拠地であるコンサートホールの音響的なキャラクターが色濃く収録された録音をいくつか選んで、皆さんと共に聴きながら、ホールとオーケストラの関係について私が実際に体験したことなどをふまえてお話ししたいと思います。

______________________________________
部屋の音響特性が、オーディオの再生環境として最重要であると我々は考えておりますが、それは音楽が生み出される場所、つまり録音現場においても同じことが言えます。

オーケストラの響きとホールの響きには関連性があり、その音が、その時代で一流の人たちによって記録され、後世の我々が堪能できる・・・
何とも奥深く、魅力的なテーマですね。
【常設機器】
・RecordPlayer  YAMAHA GT-2000
・PhonoAmp Phasemation EA-200
・Pre Amp Accuphase C-2420
・Power Amp Accphase P-4200
・SP B&W 805 Diamond
参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

|

« 第10回 Acoustic Audio Forum ご来場有難う御座いました! | トップページ | 第11回 Acoustic Audio Forum告知続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849931/56693234

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 Acoustic Audio Forumのお知らせ:

« 第10回 Acoustic Audio Forum ご来場有難う御座いました! | トップページ | 第11回 Acoustic Audio Forum告知続報 »