« 第9回 Acoustic Audio Forum 告知続報 | トップページ | 第10回 Acoustic Audio Forumのお知らせ »

2014年6月 2日 (月)

第9回 Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。

第9回 Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。

今回は早くから満員御礼となり、ご辞退いただく方 が出てしまったことお詫び申し上げます。
当FORUMならではの企画やその意義を考えると、1日一回限りの会ではもったいないのではないか、という声もあることは事実なので、翌日土曜日バージョンも検討することにしております。
R1036291_2
今回のテーマは『音場再現における微小信号の再現と部屋の反射音』であった。
最先端のDSD音源を交えながらデジタルファイル再生のためのプレーヤー回りの究極を目指す機器をラインナップすることとなった。

R1036315_3
当試聴室常設のSfz のDSP-03に
クロックジェネレーターのSfzのPMC-01http://www.sfz.co.jp/PMC-01.html
とDELAのN1Zhttp://dela-audio.com/ の組み合わせである。
各々70万円のプレーヤーに300万円のクロックと70万円のNASを加えて試聴しようという(実験的(笑))試みである。
メーカーさんの協力ではじめてできる組み合わせだし、当試聴室のような環境でなければ、その良さがわからないのではないか・・・ということからの提案であり、また多くのオーディオファイルの注目をひいたのだと思う。

ドイツ・ミュンヘンにおけるハイエンドオーディオショーに出展帰りの製品でFORUM当日到着、クロックの通電時間は数時間というコンディションであったにもかかわらずその効果は・・・・・圧倒的であった。
(もっとも開発者のSfzの小俣氏は現実的な商品として10分の1の価格の新商品も用意されていた)




実際の再生では、同一録音によるCD規格、マルチビットハイレゾ、2.8メガDSD、5.6メガDSD音源を丁寧に比較試聴・・・・・・・・・・。
それからDELAのN1Zと通常のNAS、クロックの有りなし、・・・・・・・・・さまざまな組み合わせを試聴したのだ・・・・・・・。
当日試聴された方も含めてDSP-03単体でも十分良い音と思ったはず(・・・・思っていた)だが、・・・・・・・・・・よりおいしい料理はあるのだな・・・・・と思ってしまうのだ。本当に良い音というのはいつも思うのだが、理屈抜きに感性的レベルで感じてるのでしょうね。音の肌触りであったり、チョットした間のSN感であったり、音のたたずまいであったり、・・・・・・要するにリアル感(・・・…人によって差があるようだが・・・・・・)なのでしょうね。
何はともあれ、当事者を含む参加者全員がチョット後戻りするにもできないようなその様な音源再生を見せつけられたことには間違いなかったようです。

R1036311

|

« 第9回 Acoustic Audio Forum 告知続報 | トップページ | 第10回 Acoustic Audio Forumのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。:

« 第9回 Acoustic Audio Forum 告知続報 | トップページ | 第10回 Acoustic Audio Forumのお知らせ »