« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月20日 (火)

第9回 Acoustic Audio Forum 告知続報

告知続々報です。
____________________________________________
  
※30日開催分は、定員に達しましたので申し込みを締め切らせていただきました!
※ 
 
たくさんのお申込みをいただいておりますので、
翌日 5月31日(土)14時~16時にも開催します!
ただし、前日よりはざっくばらんな会になると思います。ご期待ください。
  
定員から漏れた方、これからお申込みになる方は、ぜひ5月31日においで下さい。
申し込みをお待ちしております!!
____________________________________________
 
 
5月30日のオーディオフォーラムの告知続報です。
____________________________________________
【テーマ】
-音の空間表現と弱音再生-
音楽再生における重要なキーワードの一つに「ダイナミックレンジ」があります。
最小音量から最大音量までの幅を「ダイナミックレンジ」と呼ぶ訳ですから
単純に「ダイナミック」≒「大音量再生」と捉えてしまっては片手落ちです。
実現出来る最大音量は「周辺環境」「部屋」「ステレオ装置」「音源」の能力で、おのずと上限に制約がかかります。
最大音量が決められてしまう以上「ダイナミックレンジ」の拡大は「微小レベル」の音楽情報を
どこまで聴き取れるように再生出来るか、にかかって来ます。
時間軸と量子化を、より細密化するハイレゾ音源の再生は
この微小な音の変化を さらに忠実に再現する手段です。
元来、人間の聴覚は大音量時の音の変化より
微小音量時の音の変化に、より敏感です。
今回のテーマは、この部分に着目し開発された
ネットワークプレーヤー/高精度クロック/純音楽用NAS/仮想アース装置の共演となります。
広大なダイナミックレンジを実現することで体験できる
息を飲むように引き込まれる、微小音量レベルでの躍動感をぜひお聴き下さい。
【再生ソフト】
ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 5番、6番
        / クーべリック・トリオ DSD 2.8M

ショスターコーヴィッチ 交響曲5番
        / Ladislov Slovak, Slova放送響 DSD 2.8M

Exotic Dances from the Opera
        / 大植英次 ミネソタ管弦楽団 PCM 176.4k/24bit
など・・・・・DSDやハイレゾダウンロード音源になります。

____________________________________________

日時:5月30日(金)19:00~

参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

天井の高いオーディオルーム。

2年前に完成した『天井の高いオーディオルーム』を紹介します。

間口は2.5間(4.55m )で15畳の広さです。

1

住宅新築を機会にオーディオルームを作る場合、設計次第で無理なく天井の高いオーディオルームが作れます。この例の場合は屋根なりに天井を高くした例です。
Photo_3
大型SPを2SET配置しても余裕のレイアウトです。正面壁巾4.1m確保しました。
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

第9回 Acoustic Audio Forum のお知らせ

日時:5月30日(金)19:00~

第9回 「臨場感について(第三回)」

~音の空間表現と弱音再生~
 
Audio
 
微少音というのは電気系・機械系(空間系)においては、反射・残響信号情報である。デジタル伝送系においてはクロックの正確さや信号の格納方式のあり方にまでのその影響が重大であることがわかってきている。
 
一方、その音情報以外の情報いわゆるノイズの混入も微少レベルの伝送において無視できないようになってきた。
 
今回はクロック・メモリー、アースといった電気的視点と「部屋の反射音の質」がいかに音場再生の鍵を握っているのかということの試聴会になります。
 
【使用機器】
・クロックジェネレーター sfzPMC-01BVA
・NAS DELAN1Z
・仮想アースOYAIDEエントレックテルス
 
【常設機器】
・Network Player sfz DSP 03
・Pre Amp Accuphase C-2420
・Power AmpAccphase P-4200
・SP B&W 805 Diamond
 
 
参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
TEL:03-3239-2021 アコースティックデザインシステム (オーディオフォーラム担当者まで)
または
TEL:050-3631-2496  オーディオショップ「カンタービレ」(フシグロまで)
【開催場所】 当社ショールーム
〒102-0073東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
地下鉄 「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
 
詳しい案内図は下記のページでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »