« 第8回 Acoustic Audio Forum 告知続報 | トップページ | 第9回 Acoustic Audio Forum のお知らせ »

2014年4月29日 (火)

第8回Acoustic Audio Forum ご来場いただき、有難う御座いました!

第8回オーディオフォーラム、今回のテーマは「ステレオ再生における臨場感、その2 『音の充実感」でしたが、いかがでしたでしょうか?

今回は通常の視聴会とは違い、事前に告知をした音源を、ご自宅で視聴されたのちにお越しいただくことで、部屋の違いが再生音にどのような影響を与えるかを探る実験的な試みでした。
Dsc05720_2

また、オラソニックのNANOコンポシリーズと、ラックスマンとアリオンの高級機をそれぞれ用意し、高級機だから良い音が鳴るのか、についても検証をしました。
これについては次回のブログにて。
Dsc05729_2

まず、部屋の違いが再生音にどう影響を与えるかについて。
これはもう、(当然ですが)歴然の差が現れました。

20140429180854_00001_2 私の自宅をはじめ、現代建築は軽く振動しやすい材料で作られています。
振動するということは、その周波数帯域で”吸音する”ということですが、現代建築において、その周波数帯域は100Hz~300Hz付近の中低域に集中します。
これは音楽においてもっともおいしい低音の成分でして、ここが失われると、量感が乏しく、何とも物足りない音になってしまいますが、これまでの経験上、多くの方がこのような環境で音楽を聴かれているように思います。

防音工事は遮音性能を確保するために床・壁・天井を重い材料で作りますが、同時に振動しにくい高剛性の環境が、自動的に得られるのです。



私の自宅で『ステレオ』2014年2月号付録のパイプオルガンを再生したところ、何とも残念な低音で、とても聴けるものではなかったのですが、当社ショールームでは、とても豊かな低音が朗々と鳴っていました。
改めて部屋の大切さを知ると同時に、自宅に専用室が欲しい衝動に悩まされることになりました・・・


担当:草階


|

« 第8回 Acoustic Audio Forum 告知続報 | トップページ | 第9回 Acoustic Audio Forum のお知らせ »

コメント

「コミュニケーションがフラット化した社会で発生した、自己への尊厳を失った人」 宮台は叩かれやすい人物だけど知名度も大してないし、ほどじゃないだろうにな

投稿: もっと | 2014年5月22日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回Acoustic Audio Forum ご来場いただき、有難う御座いました!:

« 第8回 Acoustic Audio Forum 告知続報 | トップページ | 第9回 Acoustic Audio Forum のお知らせ »