« 第2回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。 | トップページ | 第3回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。 »

2013年10月23日 (水)

Acoustic Audio Forum 第3回のお知らせ その2

今回から開催日時を金曜日の夜に変更、都内に通勤するオーディオファイル諸氏のご都合が好かろうとの発言があったのだ。金曜日の夜ぐらいは遅くなっても・・・・・許してくれる・・・・・・飲み屋に寄りたいところだが、たまには当フォ―ラムに気軽にお立ち寄っていただくのも良いのではないでしょうか。

18時ぐらいから開場、ベルリンフィルデジタルコンサートを軽く放映したり、普段話すこともないゲストの先生方とも気軽に雑談することもできます。

今回は台風の影響をまともに受けそうでしたが、予報によると余裕を持って避けられそう・・・・ほっとしてますが、万が一延期の場合は当日午前中には情報を発信しますのでよろしくお願いいたします。25日予定通り開催決定です 10月24日現在追記

さまざまなオーディオイベントの開催シーズンの真っ只中です。久々の盛り上がりの喧躁会場めぐりに

いささかお疲れのかたもいらっしゃるとは思いますが、当フォーラムは小ぶりで静寂空間でのイベントですので、じっくりとゆっくりとオーディオのエッセンスをお楽しみいただけると思っております。

Audio

当オーディオルームでの試聴は全員がベストポジションでの試聴というわけにはいかないのは当然ですが、オフセット位置でも十分に試聴に堪えれるのが特徴です。要するに厳格な聞き方に準ずるれべるのリスニングエリアが広いのです。

そして弱音域まで音が痩せることなく楽に聞けるというのも、着目していただけると思います。

(・・・・・・防音工事による部屋の静かさ・・・・という理由だけではありません・・・・・)

麻倉氏の名解説により、『オーディオ的音の聴きどころ・『音楽的・音の聴きどころをじっくり堪能できるとおもいます。

 『小さな巨人』ともいえるエラックの新製品B312の表現力を、如何に音楽空間としての再現力

に変換・成立させることができるのか・・・・・・・部屋のありかたのひとつの解答を提供できると思ってます。

オーディオルームの響きの特徴を述べるのは難しいので、オーディオ評論家村井 裕弥(むらい ひろや)氏の当社設計施工の某氏宅リスニングルーム宅訪問記の一部を抜粋させていただき・・・・・ます。

失礼な物言いになるかもしれぬが、◎◎氏のオーディオルームはけして広いとは言えない。首都圏でオーディオに取り組む人たちの平均値(そんなものがあればの話だが)おおよそ半分? 使用機器もそれぞれ個性的ではあるが、ここにリストを載せて、皆が畏れ入りひれ伏すといったタイプの超高額ラインナップではない。それがどうだろう。実際音を出し始めると、それぞれの機器を開発した技術者でさえ聴いたことのないようなクォリティで、音楽を奏で出すのだ。それもジャンルや録音年第など関係なしに。

Dsc04461

☆ 音の活きがよい。特に適度なつやが印象的。何をかけても、のれる。演奏者の意図がこの上なくダイレクトに伝わってくる。しかも、何時間ぶっ通しで聴いても疲れない。

☆ スピーカーの振動板が軽くなったかのよう。ふだん聴いている音よりはるかに反応の速い音が、ストレスフリーに放射される。聴き手に迫る。

☆ Aというブランドはよく鳴るが、Bというブランドはうまく鳴らない。←こういう現象が、まったくと言ってよいほど起きない。AはとことんAらしく、BはとことんBらしく痛快に鳴り切る。ふだん「このブランドの音は、どうも好きになれない」と思うような製品でさえ、俄然輝き出すのだ!

☆ 比較的アバウトなセッティングでも、機器がその真価を発揮する。

☆ 中級機あるいはそれ以下の価格帯に属する機器でも、十分満足してしまう。問題のある部屋で鳴らされているハイエンド機が、かわいそうに見えてしまうほど。

 

 ああ、かなわんなあ。

オーディオはやはり部屋だなあ。

 

|

« 第2回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。 | トップページ | 第3回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Acoustic Audio Forum 第3回のお知らせ その2:

« 第2回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。 | トップページ | 第3回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。 »