« Acoustic Audio Forum 第3回のお知らせ その2 | トップページ | Acoustic Audio Forum 第四回 詳細内容 »

2013年10月29日 (火)

第3回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。

第3回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。

4、5日前からの台風27号の接近予報は幸いにも直撃は避けられましたが、雨模様にもかかわらず多数ご来場いただきありがとうございました。
 
帰宅電車の不通のご心配からわざわざキャンセルのご連絡をいただいた方も数名おられましたが次回をご期待ください。
エラックの新発売スピーカーBS312は前日に輸入元のユキムさんから試聴機が到着、スタンドの組立に多少手こずりながらも、当社常設SPの B&W 805Dの脇に併設置(セッティング位置調整なし)、 慣らし運転を開始しました。
エージングはほどほどに進んでいるのかいきなり快調ななりかたに関係社員一同・・・・・・・納得。実体感がありながらもさわやかにどこまでも伸びきる高音とやや低重心と感じられる心地よくたっぷりした低音のバランスはとても音楽的ななりかたで、805の面目も如何?・・・・と思わせるに十分。
当日は10人前後の入室での試聴でしたので、吸音力が増大した結果、やや鳴りかたはタイトになった感じでしたが、皆さまいかがでしたでしょうか?

Dsc04475  
『小さな巨人』と形容しても良いくらいの、音場感表現豊かな鳴りかたは、小型SPの優位性を十分に発揮しながら、以外にも大型SP並みのパワー感(疑似パワー感とは言え・・・・)に迫る姿は魅力十分だったと思います。
BS312の素晴らしさは、多くの評判通りだとして、部屋との相性も十分良かったのではないかと思いますがいかがでしたでしょうか?
相性の良さを音響技術的にあえて言えば、部屋の内装構造が低音域まで癖なくしっかり反射する構造である・・・・・ということにつきます。
放射面(駆動面積)が小さいことは低音のパワー感に原理的に不利であるのも関わらず、ストロークを稼いだ良質の低音を十分に響かせることができるということなのです。
日本家屋(・・・・どちらかというと旧式在来木造住宅)の場合は、壁面材・天井面材が薄く
い場合が多く、これらはいわゆる吸音材ではないのですが、軽度の低音の吸音構造になってまして、それが表面積の大きな部分を占めることから、意外と大きな吸音になっていて、
豊かに鳴らない場合もあるのです。古い世代のオーディオ愛好家に大型SP(アルテックなどの本来映画館業務用)を好まれる方がいらっしゃるのは、旧家屋に低音吸音の傾向が顕著であることと関係があるかも知れません。『やっぱり大型ウーファーでなければ本物の低音再生は無理である・・・・・・』の根拠はこの辺にあるのでしょう。
実は現在、当社のあるオーディオルーム設計進行中案件で、エラック400シリーズダブルウーファーのSPが、貧相にしか鳴らない?・・・・・・なんとかしたい・・・・・・というものであった。
原因は低音域?の吸音過多?・・・・・・と断定。
現場調査では特別に低音の吸音材は一切ないし、よくある高音を吸うカーペットや大きなカーテンがあるわけでもない、しいて言えばロッカー型の戸棚が低音の吸音をしてるかな?といった程度の部屋の感じであった。厚い絨毯を敷き詰めた会社の重役室?のような妬けに静かな響きではないし、会話などは普通に楽にできる。ステレオ再生音も部屋の高音の響きは適当感じられて、いわゆる明らかに吸音されているという感じは全くない・・・・・・。
しかしあえて・・・・原因は低音域?の吸音過多・・・・・・部屋の大きな表面積を占める、壁と天井の断面構造が低域と超低域(50Hz以下)の吸音する構造なのである。・・・・・・・これは見た目では分からないが建築的・音響的視点で見れば低音の吸音構造なのです。
これは現在の日本の内装建築では普通に良くある断面構造ですので、評判のよいSPなのに、なぜか音がさびしい、豊かさがいまひとつである・・・・・要するにSPが鳴らない・・・・・・という場合は、一度このケースを疑った方が良いかもしれません。
高音を吸音しすぎて音がキツイ、固い、広がらない(音場感が狭い)・・・・・・ということは比較的よくある話しであるが、実は意図しなくても結果的に低音が吸音状態にあるという場合があるということを知っておくのもよいでしょう。
この例の改造結果は年明けには何らかの形でご報告できると思います。
閑話休題・・・・・・、オーディオルームの設計・施工のノウハウのひとつは高密度・高剛性の
部屋を作るということである(・・・・・・もちろん話の続きはあって、これでお終いではもちろんない・・・・・)。当視聴室の作りの構造はその対極にあるといってもよい。おいおいその断面構造のお話はしていくことになります。
スピーカーの鳴りがいまいちなのは・・・・・スピーカーの非力のせいにしてませんか?(やはり大型SPにしなければ・・・・・・)
スピーカーの鳴りがいまいちなのは・・・・・・アンプの非力(アンプのパワー不足)のせいにしてませんか?
デッドな部屋、ライブな部屋・・・・・・デッドな部屋にもいろいろ違いがある。

|

« Acoustic Audio Forum 第3回のお知らせ その2 | トップページ | Acoustic Audio Forum 第四回 詳細内容 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回Acoustic Audio Forum ご来場ありがとうございました。:

« Acoustic Audio Forum 第3回のお知らせ その2 | トップページ | Acoustic Audio Forum 第四回 詳細内容 »