« 第1回パート2 Acoustic Audio Forum レポート | トップページ | 8月23日アコースティックフォーラム番外編・長岡鉄雄の『A級外盤セレクション』試聴会その1 »

2013年8月29日 (木)

Acoustic Audio Forum 第二回 詳細

 弊社、防音工事による部屋の響きとハイエンドオーディオによる極上の視聴空間を体験していただけるアコースティクオーディオフォーラム

7月に始まり、第一回、パート1、パート2、そして番外編と3回ほど開催しましたが、その第二回目の詳細が決まりました。

今回のテーマは

「最新パーカッションSACD・ハイレゾ音源による演奏現場の 空気感の再現と響きの本質について」

です!

コメンテーターとして山之内正氏 をお迎えいたします。

気になるその内容は山之内氏の言葉を引用すると

 「音楽の本質を伝え、受け止めるうえで、自然な余韻は演奏家と聴き手のどちらにとっても大切な役割を演じます。現場の空気を意識して響きの 美しさを追求した演奏と録音がクラシックを中心に確実に増えるなか、演奏家がこだわるそのリアルな空気感を引き出すことはリスナーにとっ て取り組みがいのあるテーマです。私が企画するイベントでは、そのための機器の選択やノウハウを中心テーマに据えながら、毎回そのときの 旬の音源を紹介していく予定です。今回の試聴会ではリンレコーズからリリースされた《CANTUS》を取り上げ、注目のパーカショニスト加藤訓子 がこだわる響きの本質に迫ります。

とのことパーカンションの「音の鋭い立ち上がり」や「大きなダイナミクス」を是非、優れた再生環境でご堪能ください。

Audiof21_5

Audio_2

■acoustic audio forum[第二回]

 

|

« 第1回パート2 Acoustic Audio Forum レポート | トップページ | 8月23日アコースティックフォーラム番外編・長岡鉄雄の『A級外盤セレクション』試聴会その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Acoustic Audio Forum 第二回 詳細:

« 第1回パート2 Acoustic Audio Forum レポート | トップページ | 8月23日アコースティックフォーラム番外編・長岡鉄雄の『A級外盤セレクション』試聴会その1 »