« 第1回パート2 Acoustic Audio Forum | トップページ | アコースティックオーディオフォーラム 村井氏からのコメント »

2013年7月30日 (火)

第1回 Acoustic Audio Forum その2

Acoustic Audio Forumの楽しさを皆様にお伝えしたいので、一部、昨日の投稿と被りますが
何回に分けて、ご報告したいと思います。
ちなみに次回は今週の日曜日、8月4日です。
コメンテーターにオーディオ評論家の村井裕弥氏を迎え、防音工事された弊社ショールームで開催。
これまでのCDの記録方法「PCM」音源とは違う次世代記録方式「DSD」音源の良さを体験。
今月末に発売される高音質にこだわった世界初の DSD対応ネットワークプレイヤー  SFORZATO社のDSP-03を使用し、当日は視聴。
 
Dsc07203
同じ収録内容の音源を使用しPCM とDSD の各フォーマットでの聴き比べなど、参加者にとってその違いを比較しやすい内容であった。
DSD音源の方は、原音、生の演奏の音に近づき、「本来はこういう音であった、こういう演奏だったに違いない」という「心の音、想像の音」にぐんぐんと歩み寄ってきます。
音の前後感や空間の広がりが見えてきて、デフォルメの無い音になり、目を閉じるとその音が演奏された場所に実際にいるような錯覚を覚えます。
これらはもちろん、ただ単にDSD方式だから実現できるものでもなく、スピーカーや部屋の環境の良さの影響も大きい。
これからのDSD音源の普及により、音楽の入口と出口のあり方が変わり、進化するであろうことが確信できるセミナー内容であった。
音の入り口である、ソフトの制作現場、つまり、録音や編集の仕方、音の出口、スピーカーから後の部屋の造りの改善などの改革が起こるのではないだろうか。
Dsc07213
最後に心に乗った来場者のコメントがあったので御紹介したい。
「これまで、様々な高音質配信の試聴会に参加し、結果、ハイレゾ音源に対し、懐疑的であったが、本セミナーに参加し、考え方が変わりました。これからは高音質配信の時代だと確信しました。」との事。
これらのコメントからも本セミナーの果たした役割は大きく、良かったのではないかと思う。

|

« 第1回パート2 Acoustic Audio Forum | トップページ | アコースティックオーディオフォーラム 村井氏からのコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849931/52670225

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 Acoustic Audio Forum その2:

« 第1回パート2 Acoustic Audio Forum | トップページ | アコースティックオーディオフォーラム 村井氏からのコメント »