« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月28日 (金)

アコースティックエンジニアリング(アコースティックデザインシステム)という会社はどんな会社なの?


アコースティックエンジニアリング(
アコースティックデザインシステム)
という会社はどんな会社なの?

1

音響建築の専門会社としてスタートしましたが、DNAとしては建築設計事務所を受け継いでいます。音楽設計技術は常にクライアントとの対話を重視しながら現場実践を通して常に進化させています。それは防音工事における遮音技術の進化に留まることなく、室内音響(響き)の分野においても積極的に提案を行っております。類似の会社との違いは、一言でいえば防音工事会社というよりも,音、音楽に強い建築設計デザイン会社というように考えて下さい。

 
1978年、住宅・マンションなどの住宅関連の建築設計事務所((株)鈴木やすゆき建築設計事務所)を母体に設立しました。 
    
For Your Better Music Life
 
をモットーに音楽家・音楽愛好者・音楽制作者のための
音響建築会社です。気兼ねなく音楽を快適にできる音響建築で音楽家に貢献すること。それは音楽家のライフスタイルの一部を提案・実現することにほかなりません。
For Your Better Music Lifeは、創業の精神であり、企業ポリシーなのであります。

  
「ドアを締めればフォルテの世界」

「音楽室という名の楽器づくり」
 

が具体的に企業活動の大方針になります。前者は、都市住宅空間にあって気兼ねなく音楽ができる空間づくりであり、後者は、音楽する空間として楽器をつくるように美しく自然な音響空間をつくるということであり、同時に空間そのものも美しく造るということです。

創業以来30数年になりますが、以上3つの概念は変わることなく常に技術デザインを研究・進化させながら今日に至っています。
 

現在、求人募集しています

(1) JWW設計図作成者・インテリアコーディネーター。

建築の専門学校を出られた方(卒業予定)及び住宅関連会社で住宅設計及びアシスタントの就業経験がある方

(2) 建築設計・営業の補助事務及びWEB関連の更新作業など

上記関連の学校の新卒者・住宅関連会社で経験のある方。

(3) 建築設計技術者 (次世代幹部養成をするのが目的です。)

音楽やオーディオが好きで建築専門の大学及び専門学校卒・あるいは卒業見込みの方。
建築設計業務経験者は建築士有資格者
  
 音、音楽の好きな新卒のかた歓迎いたします。 

※2013
8月末日まで募集しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

オーディオルームづくりはインフラづくりである

インフラとしての室内音響防音工事

オーディオルームづくりはインフラづくりであると考えられます。
先ず音楽再生音量は個人差があるにせよ音楽に合った音量が必要であり、それらの音量は生活音よりも確実に例外なく大きいことです。
したがって、普段は何不自由なく暮らしている生活空間にオーディオ環境を持ち込んだ場合、多くの場合望む音量を制限せざるを得ない状況がしばしばこっているのではないでしょうか。
音楽再生適性音量は決して実音と同じということはなく、多くはマイナス10~20デシベルぐらいあたりの音量が良いようだが(ある種の法則があるようだ、パラメーターは空気体積、近く公表?・・・・・)それでも80~90デシベルの音量は生活音より大きい。それを下回る音では音楽的感動は得にくくなる
・・・・・・・小さい音でも十分楽しめると反論される方もいらっしゃると思うが、それは想像力豊かな方であってイメージで補って楽しめる方なのである。実は音楽家は意外にもプアーなオーディオで満足されてる方が多い(・・・失礼)。もちろんきき方の違いがあると思うが楽譜が頭に自動的に浮かぶぐらいであれば、限られた情報量であっても人一倍再現情報はおおきいのだ。
一方・・・・・・・音量を下げなければならない習慣に慣れてしまっているという方もいらっしゃる。イメージで補える?ということもあるかもしれないが、生理的・肉体的感動受容という概念があるとすれば、音楽感動欠落環境といえるだろう。
大きい音は多くの場合、他人(家人も含めて)に迷惑をかけることになり、いわゆる防音工事が必要になることがあるが、しないで済むにこしたことはない。
再生音が見違えるほど良くなるのである。鳴らないスピーカーが水を得た魚のように甦るのである。
もっとも適切な部屋の形が設計されているのであれば・・・・・・・という但し書きがつく。適切でなければ却って取り返しのつかないひどいことになる。部屋の定在波の分布が偏在するような形の部屋の場合は、低音の素直さがなく、不自然で部屋そのものを意識する様な鳴りかたになる。これらは低音域に現象するので気づきにくいが、ひとたび気づくと生理的拒否反応を起こす人が多い。
逆に低音が自然な部屋は、中高音まで素直に響く。残響の多い、少ないはあるが一応に違和感のないきれいな音になるのである。
実はすべて楽音は低音から高音までのスペクトラルエネルギーを発している(基音以外に広範なエネルギー分布があり高音の多くはいわるる倍音である)。
オーディオでは低音を良くすると中高音域の音まで改善される(・・・逆もまたしかり)ということが言われるが、部屋の固有振動・定在波(定在波は低音域では測定しやすいので低音のことを指すと一般的には思われている)が、中高音にかけて無数にあって低音の波とは密接な関係性があることは理論的に明白なのである。
部屋のプロポーションを適切な比率にすると、部屋の響きが自然で部屋をあまり意識しない響きの部屋になり、スタジオから音楽室まで例外なく高評価をいただいてる理由だと考えている。
簡単なセッティングでスピーカーが消え?ステレオ音場が出現するのである。
しかも試聴位置も広く、部屋の隅であっても音のバランス・印象はそれほど変わらないのである。
それをステレオ再生インフラ整備と称している。
しかも
それ自体は直接コストがUPすることではない、音響設計・建築設計の領域なのである。
雑誌ガウディオの夏号の記事をご参照あれ。
Gaudio031_2

(クリックすると拡大表示します)
Gaudio_no03_p058_p061_1c1
  
Gaudio_no03_p058_p061_1c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

第2回 一緒に持っていったスピーカーはどんなもの?

先のセミナーで「ジェネリック100HR」と一緒に鳴らしたスピーカーが2セットありました。小さい方は「ストライク」という名前で、もう何年も前に共同通信社「オーディオベーシック」誌に掲載したものです。ユニットは5インチの同軸2
ウェイで、イタリアSICA(シーカ)社製のものです。型番はZ002320とまるで単なる識別番号みたいですが、1本5,000円少々で買えてネットワークいらずの2ウェイが構築でき、音もかなりしっかりしたユニットですから、皆さんも一度お使いになってみてはいかがでしょうか。お薦めのユニットです。
 
Sumiyamashi2_2 「ストライク」は、そのZ002320を3リットル強のバスレフ型キャビネットに入れた作例です。キャビネットの形はご覧になってお分かりの通り、「ジェネリック100HR」同様のジェネリック型です。2本で1万5,000円もかからず、製作は極めて簡単で、60Hzくらいまでは楽に再生しており、その辺のローコスト2ウェイなどには決して負けない再生レンジと音の品位を持っています。
 
もう1セット持ち込んだのは、同じZ002320同軸2ウェイをダブルバスレフの箱へ入れたものです。このスピーカーには私の作例としては珍しく、ペットネームがついていません。何のことはない、このキャビは雑誌に掲載していないのですね。いつも雑誌掲載用のキャビネットはペットネームを考えるのに四苦八苦しています。それで必要がないとなったら、もう作って何年にもなるのに名前もつけてもらえない始末。何か気の利いた名前を考えてやらねばなりませんね。
 
この「名称未設定(仮名)」のキャビ形式は先ほど何気なくダブルバスレフと書きましたが、少し解説しておきましょうか。一般のバスレフは「ヘルムホルツの共鳴」という原理でダクトから低音を放射してローエンドの伸びと量感を稼ぐ方式ですが、ダブルバスレフというのは文字通りバスレフの共鳴を2つ起こしてより低い周波数まで再生限界を伸ばすというものです。一般にキャビネットが大型化し、設計に決まった公式があるわけでもないので、やや上級者向けというべきキャビネット形式です。
 
「名称未設定」は第1ダクトが約130Hz、第2ダクトが60Hzで共鳴しており、トータルで50Hzくらいまで楽に再生できるようになっています。「ストライク」に比べてほんの半オクターブくらいしか伸びていいないのですが、キャビネットは倍ほどの大きさとなり、製作の難易度も数段階は上がってしまいます。
 
それで一体どれほどの再現の差が耳へ届くのか。こればかりは実際に聴かないとご理解いただけないものと思います。当日ご参加下さった皆さんへは十分に違いが届いたものと思います。
Sumiyamashi3  
自作スピーカーというものはかくの如し。一つのスピーカーユニットからでもキャビネット次第で無限の可能性を引き出すことができるのです。私は10代の頃にこの趣味へハマってもう30年が経過しましたが、まだまだポケットにはやりたいことが山ほど詰まっています。さほどお金をかけなくても結構奥深く楽しめ、腰を据えてかかればメーカー製の高級スピーカーに伍して戦うことの可能な、いやメーカー製スピーカーでは実現することのできない「自分だけの音」をご自分のリスニングルームへ迎えることだって可能なのです。
 
スピーカーに限らず、「自作」というジャンルは「生録」と並んでオーディオ趣味の中では最もアクティブでクリエイティブなものです。そして、取っつきにくい印象とはまるで違って、誰でも簡単に始めることが可能なものでもあります。上級者のように電動工具やクランプを山ほど用意して、というのは結構ハードルが高いものですが、今回お聴かせした「ジェネリック」キャビネットなどは、以前オーディオショーで私が作り方を解説しながら来場者と一緒に作り、2時間ほどで皆さん組み上げてお帰りになったくらいです。
 
どうか1人でも多く、この素晴らしい世界へ入ってきて下さることを心より願います。
 
次回はセミナーの模様とアコースティックデザインシステムの音響設計された防音工事オーディオルームでどう音が響いたか、といったことについて述べたいと思います。
 
- 炭山 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会 その後の炭山メッセージ

第1回 ジェネリック100HRとは

自作スピーカーのセミナー自体は手慣れたものでしたが、初めての場所で金曜の宵方からというので、お客様が集まって下さるかが心配でした。

しかしそれも杞憂、大勢の人でショールームがいっぱいになるという盛況に終わりました。お集まりいただいた皆様へ、心より御礼申し上げます。
   
今回はフォステクスの高級スピーカーユニットを使った小型2ウェ
イを主にお聴きいただきました。ウーファーのM100HR-W

01_m100hr_m はアルミ合金素材の振動板を持ち、
トゥイーターのFT200Dは23008791_2 純マグネシウム素材の振動板です。

 

ウーファーのアルミ合金振動板は、一般的な使い方では再生周波数帯域の上端に大きなピーク(fHといいます)ができることが多いものです。
   
何のことはない、
金属の器やスプーンなどを叩くとカンカン響く、あの音と同じものです。ところが、フォステクスの振動板はHR形状と呼ばれる5つの稜線が渦を巻いたような複雑な形をしています。
   
それのおかげで振動板の共振を上手く分
散させ、fHの共振を極めて小さく抑え込むことに成功しているのですね。トゥイーターの振動板に用いられている純マグネシウムという素材は、金属の中では鳴きにくいことで知られています。普通の金属と同じように器やスプーンを作ってもカンカン鳴かず、カチカチいう程度なんですね。
    
FT200Dの振動板は、そ
の純マグ素材を「リッジドーム」と呼ばれる形状に成型しています。猫の目のような縦筋を持つドーム型です。単なるドームでは、特に金属振動板だと特定帯域に強い共振が起こりがちなんですが、リッジドームはその傾向が少なく、高域方向へ素直に伸ばせるんですね。
   
Photo

スピーカー工作の入門者~ビギナーの人たちにとって、フルレンジ・スピーカーによる工作は木工の難しさがほとんどですが、ウーファーとトゥイーターを使った本格2ウェイとなると今度はネットワークの設計と組み立てが非常に大きなハードルとして立ちはだかってきます。

 一方、M100HR-WはfHのピークらしいピークなしに5kHz以上までよく伸びているし、FT200Dはぎりぎりまで無理をすれば1kHzから実用になるワイドレンジ・トゥイーターです。ならばいっそのこと、ウーファーはネットワークを入れずに伸ばしっぱなしとし、トゥイーターにコンデンサーを1発入れるだけでまとめてしまおうと考えました。

そこまでやるならさらにキャビネットの工作も極限まで板の枚数と工数を減らし、本当の入門者にも簡単に製作できるようにと考えたのが「ジェネリック100HR」です。

「ジェネリック」というのはご存じの通り特許が切れて安価に製作・販売できる医薬品のことで、板7枚でスリットダクトのバスレフ型キャビネットを構成するこの形式を、私が勝手に「ジェネリック型」と呼んでいるものです。亡くなられた自作スピーカーの巨匠・長岡鉄男さんもこの形でたくさんスピーカーを発表されていますし、非常に設計しやすく作りやすい形状なので、皆さんも覚えておかれるといろいろ役立つかと思います。
    
板取図と構造図、配線図などは共同通信社「ガウディオ」
第3号に掲載していますので、もしよろしかったらお手に取ってみて下さい。
   
-
炭山-  
  

アコースティックデザインシステムの事務所内オーディオルームは防音工事されているので、当然部屋のSN比が良い。小さい音までよく聴こえる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会ありがとうございました

雑誌媒体でのSPシステム制作は執筆者の文面からその出来栄えを憶測することしかできない・・・・・というところで、当社オーディオルーム(防音工事による性能はD-50)を使っていただき会を催すことになった。

とこが当日は炭山氏の盟友・高崎素行氏が参入、『高品質DISK聞きまくり』がプログラムされ、さらに村井裕哉氏と選りすぐりディスク持参・ディスクユニオンジャズ店店長のの生島氏の参加もあり、普段オフレコ気味の会話がときおり飛び出したりして楽しい視聴会になった。

Dsc03808

正味15畳の当視聴室も12人はいってほぼ満室状態、響きの良さが自慢の部屋もかなりデッド気味になる・・・・・・・・それにしても空調の利きの悪さで皆さんにせっかくのお楽しみ会に水を挿したことをお詫びします。

若かりし頃いくつかのSPづくりの経験があるのだが、氏の腕のたまものとは思うが、その鳴りっぷりの高音質さには驚いた。隣に鎮座するB&W805ダイヤモンドもびっくりしたことだろう。

Dsc03814

純マグネシューム振動板SPユニットのSN感の良さには驚くばかりで、きれいにお化粧すれば(こちらの方が難しいかな?)メインSPとしても何ら不満が出ないレベルではないだろうか。

オーディオは結局は入口と出口・・・何だよね・・・・・との高崎氏のコメント、入口である音源・・・・・音の録りかた、編集の仕方、メディアの形式・…このあたりが良くできたものであるならば、オーディオ快感度のハードルは軒並み低くなってしまうことが当日の音源から良くよくわかった次第である。

それから出口とはSPであり、部屋であることを氏は言いたかったのだろうがSPはともかく、あらためて部屋まで言及されたのはこそばゆい次第である。

オーディオとは自分の耳で聞いて『なんぼ?』のリアルな世界でもあります。

オーディオの楽しい世界を追及・体感できるのであれば場の提供はこれからもしてゆくつもりですので、どしどし企画してもらいたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »