« 音の良いオーディオルームとは 1-1 自分の声・定在波 | トップページ | 6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会ありがとうございました »

2013年5月30日 (木)

6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会

スミヤマアキラ氏解説による氏制作スピーカー試聴会を催します!
週末の仕事帰りにいかがでしょうか。
  
Ph

日時  6月7日(金)18:30-20:30

場所 東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
    株式会社アコースティックデザインシステム内ショールーム
    (案内図)http://www.acoustic-eng.co.jp/about/annai/
 
参加方法 
    人数に限りがありますのでお電話にてお申し込みください。
    TEL 03-3239-2021
 
詳細内容------------------------------- 
  
Photo_3 共同通信社Gaudio Vol.3で掲載した自作スピーカー「ジェネリック100HR」をご来場の皆様に聴いていただきます。

「ジェネリック100HR」はフォステクスの高級スピーカーユニットM100HR-W(ウーファー)とFT200D(トゥイーター)を組み合わせた2ウェイで、キャビネットは片手で持てるサイズのオーソドックスなバスレフ型の作例です。

ウーファーとトゥイーターを組み合わせた2ウェイは、自作の入門者にとって「クロスオーバー・ネットワーク」が一番の難関となるものですが、「ジェネリック100HR」はウーファーがスルー、トゥイーターにコンデンサーを1本通すだけという極めてシンプルな構成で、キャビネットも含めて非常に作りやすいのが大きな注目点です。

ビギナーにも簡単に製作できる作例で、しかしそれでは音質はどうなのか。実際に聴いていただく機会は貴重なものだと思います。

当日は誌面で紹介したコンデンサー1発のネットワークの他、コイルとコンデンサー、アッテネーターを備えた5kHzクロスの-12dB/octネットワークとも音を聴き比べてもらいたいと思います。

また「ジェネリック100HR」とは別に、同一のユニットを使ってバスレフとダブルバスレフの箱を作った作例も手元にあるので、ついでに持っていって皆さんと一緒に聴いてみたいと思います。低域の再生限界がほんの半オクターブくらい伸びるだけで音楽の再現はどう違ってくるのか、実地に聴き比べるのも面白いのではないでしょうか。

炭山アキラ

|

« 音の良いオーディオルームとは 1-1 自分の声・定在波 | トップページ | 6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会ありがとうございました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会:

« 音の良いオーディオルームとは 1-1 自分の声・定在波 | トップページ | 6月7日 スミヤマアキラ氏制作スピーカー試聴会ありがとうございました »